【RooM研究会】目撃者の存在と不明な目的

出口が存在しない部屋『RooM


 

完全なる密室……

 

みなさん、おはようございます。

ストーリーテラーの杉本です。

 

この度、ブログをアメブロからWordPressへ変更しました。

日々、楽しみながら読んでいただけるよう、しっかりと書きますので今後ともよろしくお願いします。

 

なかには初めて読んでくださっている方もいらっしゃると思いますので、わたくし杉本について簡単に……

 

普段、映画のオリジナル脚本を書きながら自身が代表を務めるRooM研究会で日夜、思考実験を繰り返しています。

 

RooM研究会って?


出口が存在しない部屋RooMを想像上に作り上げ、その中で出口を見つける、ある意味「究極の矛盾」に挑戦する研究会。

RooM研究会のコンセプト


先入観を打破することで、あらゆる問題に存在する普遍的かつ抜本的な問題点を特定し、絶対に解決不可能だと思われている問題や課題を解決する方法を見つける。

 

……と、まあ、それっぽく書いてみましたが、要は「出口がない部屋で、真剣に出口を見つけようともがく中で、突如湧いてくるインスピレーションや、思考が寄り道する過程(妄想とか過去とか)を楽しもう」というもの。

百聞は一見に如かず。

では、早速、本日の思考実験をしましょう。

 

RooM研究会 思考実験ノート


場所:RooM(出口が存在しない部屋)

 

【昨日のまとめ】

監視カメラは無かったという結論を出すことで、「新一はなぜ当時の状況を知っているのか?」という疑問が再び浮上する。

【今日の思考実験】

監視カメラ以外の理由を探してみる。

パッと思いつくのは目撃者がいたというもの。

目撃者……

だが、もしそのように仮定すると、新たな疑問が生まれる。

 

なぜ目撃者は世間に公表せず、新一(コナン)にのみ伝えたのか?ということ。

 

なにかしら目的があるのだろうか?

新一(コナン)がこの身体が縮んだ件で誰かから揺すられている様子はない。(※あくまで杉本の記憶。間違っている可能性はある)

つまり営利などの目的ではない可能性が高いと考えられる。

 

目撃者なんてそもそも存在しないのか……

 

薄れゆく意識の中、新一(コナン)が当時の状況を覚えているというのが最もスムーズな解釈なのだが、そうなると「背後から近づいてきた怪しい……」という部分に矛盾が生じてしまう。

以前も言及したが、背後から近づいて来る男を認識することは不可能だったはず。

だからこそ監視カメラ案を考察し、そして今回は目撃者案について考えている。

 

何か重要なことを見落としているのか……?

 


 

皆さん、いかがでしょう?

出口は見つかりそうですか?

 

では、本日はこの辺で。

 

 

RooM研究会代表/ストーリーテラー

杉本 達哉(Twitter:@Sugimoto_2017)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。