【RooM研究会】「目撃するべくして目撃した」という解釈と繰り返し登場する言葉

出口が存在しない部屋『RooM


 

完全なる密室……

 

みなさん、おはようございます。

ストーリーテラーの杉本です。

 

先日、ブログをアメブロからWordPressへ変更しました。

今後ともよろしくお願いします。

 

なかには初めて読んでくださっている方もいらっしゃると思いますので、わたくし杉本について簡単に……

 

普段、映画のオリジナル脚本を書きながら自身が代表を務めるRooM研究会で日夜、思考実験を繰り返しています。

 

RooM研究会って?


出口が存在しない部屋RooMを想像上に作り上げ、その中で出口を見つける、ある意味「究極の矛盾」に挑戦する研究会。

RooM研究会のコンセプト


先入観を打破することで、あらゆる問題に存在する普遍的かつ抜本的な問題点を特定し、絶対に解決不可能だと思われている問題や課題を解決する方法を見つける。

 

……と、まあ、それっぽく書きましたが、要するに「出口がない部屋で真剣に出口を見つけようともがく中で、突如沸き起こるインスピレーションを深掘りしたり、思考が寄り道する過程(妄想とか過去とか)を楽しもう」というもの。

百聞は一見に如かず。

では、早速、本日の思考実験に入ります。

 

RooM研究会 思考実験ノート


場所:RooM(出口が存在しない部屋)

 

【昨日のまとめ】

目撃者の存在について考える中で、新一が殴打される瞬間を目撃したのは「偶然」ではなく「必然」だった可能性が浮上する。

【今日の思考実験】

誰かが目撃したことが偶然ではなく、必然だったとしたら?

 

前回の最後にこの疑問(可能性)が浮上した。

 

偶然ではない……

これは一体何を表すだろう?

 

言い換えると、「目撃するべくして目撃した」ということになる。

 

目撃するべくして目撃した……

 

あらかじめ断っておく。

この思考実験ノートにおいて、重要だと思われる考え方や概念に対しては何度も繰り返し同じ文章や言葉を書く場合がある。ここで「目撃するべくして目撃した」という言葉を二度書いたように。

これらは、頭の中にある考えを言語化することで整理するという目的もあるが、RooM研究会の特性上、どうしても概念的になりがちで共通のイメージが湧きにくい側面がある物事に対し、少しでも読者の方々のイメージ化を手助けし、なおかつ統一化したいという思いがある。よってこれから先も繰り返し出てくる言葉に関しては特に注意を払ってほしい。

加えて、わたくし杉本も日々この思考実験ノートを書きながら出口に繋がりそうな要素を深掘りし解釈を深めようとしている。つまり繰り返し登場する言葉は今まさに杉本がキーワードだと感じているポイントでもあるということだ。

 

さて、話を戻す。

 

目撃するべくして目撃したとは一体どういうことか?

 

パッと思いつくものとして、こうは考えられないだろうか。

 

目撃者は予め、取引者の男たちと新一がニアミスすることを知っていて、息を潜めその様子を見ていたというものだ。

 

実はここから少々複雑になっていく。

 

現段階において、杉本はこう考えている。

目撃するべくして目撃したという状況は大きく3つに分けることが出来、さらにそこから細分化されていく」

 

先ほど書いたものがそのうちの一つだ。もう一度書く。

 

目撃者は予め、取引者の男たちと新一がニアミスすることを知っていて、息を潜めその様子を見ていたというものだ。

 

あくまで大きく分けるとである。

どういう基準で大きく分けるのか?ここがポイントだ。

 

その必然性は誰のコントロール化にあるのかということである。

今回の「目撃者は予め……」というのは目撃者が自らの意志でその現場(新一が殴打された場所を目撃出来る場所)に居たということだ。

自らの意志。

これがコントロール化を定義する一つの要素だ。

 

では残り二つは?

そう、少なくともあと二人の人物の意志が作用しているケースが考えられるのである。

 

それは一体、誰か?

 

この続きは次回考察します。

 


 

皆さん、いかがでしょう?

出口は見つかりそうですか?

 

では、本日はこの辺で。

 

 

RooM研究会代表/ストーリーテラー

杉本 達哉(Twitter:@Sugimoto_2017)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。