【RooM研究会】深掘りすると浮かび上がってくる、目撃者の「視力」

出口が存在しない部屋『RooM


 

完全なる密室……

 

みなさん、おはようございます。

ストーリーテラーの杉本です。

 

先日、ブログをアメブロからWordPressへ変更しました。

今後ともよろしくお願いします。

 

普段、映画のオリジナル脚本を書きながらRooM研究会で日夜、思考実験を繰り返しています。

 

RooM研究会って?


出口が存在しない部屋(RooM)を想像上に作り上げ、その中で出口を見つける、ある意味「究極の矛盾」に挑戦する研究会。

RooM研究会のコンセプト


先入観を打破することで、あらゆる問題に存在する普遍的かつ抜本的な問題点を特定し、解決不可能だと思われている問題や課題を解決する方法を見つける。

 

……と、まあ、それっぽく書きましたが、要するに「出口がない部屋で真剣に出口を見つけようともがく中で、突如沸き起こるインスピレーションを深掘りしたり、思考が寄り道する過程(妄想とか過去とか)を楽しもう」ということです。

 

では、早速、本日の思考実験に入ります。

 

RooM研究会 思考実験ノート


場所:RooM(出口が存在しない部屋)

 

【昨日のまとめ】

「目撃するべくして目撃した」という状況は大きく3つの可能性に分けることができ、さらにそこから細分化される。

 

【今日の思考実験】

3つの可能性の内、1つ目がこれである。

 

【可能性①】

目撃者が自らの意志で、新一が殴打された場所を目撃出来る場所に居た。

 

ここで注意して欲しいのは、目撃したからと言って、新一が殴打された場所に居たとは限らないということ。

視力が悪い人物であれば比較的近い位置から目撃したと思われるし、視力が良い人物なら遠くから目撃した可能性もある。視力は悪いがメガネをかけているかもしれないし、双眼鏡などのアイテムを使用したかもしれない。

これが【昨日のまとめ】で書いた細分化である。

 

目撃者の特徴についてさらに掘り下げてみよう。

先ほど「視力」というワードが出てきた。

ぼく個人の考えでは、目撃者は比較的視力が良い人物だと思っている。

 

なぜか?

 

もし仮に、目撃者の視力が悪いと仮定した場合(メガネや双眼鏡などのアイテムもなし)、比較的近い場所から新一が殴打される瞬間を目撃したことになる。

 

一見、問題になりそうな部分はないし、破綻しているようにも見えない。

 

だが、実はひとつ大きな問題がある。

比較的近い場所から新一が殴打される瞬間を目撃した場合、取引者の男たちに見つかる可能性が高まり自分の身を危険に晒すことになる。

あえてそんな危険を冒すだろうか?

 

「それほどの危険を冒してでも目撃(確認)したい理由があった」と考えることも出来る。

 

確かに、その可能性はある。

だが、仮にそうであれば双眼鏡などを利用すれば良い。

遠方から身の安全を確保した上で目撃(確認)出来る方法はあるわけだ。

わざわざ捕まってしまうかもしれない、場合によっては殺されてしまうかもしれない危険を冒す必要はない。

 

よって現段階において、目撃者は次のパターンに分類されると考えられる。

  • 視力が良い。
  • 視力は良くないが、双眼鏡など何かしらのアイテムを使用。

 

もちろん、あくまで可能性の問題である。

 

ちなみに昨日の記事で以下のように書いた。

目撃者は予め、取引者の男たちと新一がニアミスすることを知っていて、息を潜めその様子を見ていた……

 

目撃者は予め、取引者の男たちと新一がニアミスすることを知っていて……

 

この部分の深掘りが必要なのだが、昨日の最後に「あと二人の人物の意思が作用しているケース」について言及した。

先にこの部分を明らかにしてから、一つ一つの要素について深掘りしていく方が良いだろう。

 

あと二人の人物の意思……

 

今日書いたのは、「目撃者自身の意思」で問題となる瞬間(新一殴打)を目撃したケース。

 

つまり、一つ目は目撃者自身の意思だ。

 

あと二つ。

 

ここまで読んでくださった方ならもう分かるかもしれない。

 

問題となる瞬間(新一殴打)を目撃者に目撃させたケース……

 

そう、二つ目は、取引者の男たちの意思だ。

 

この続きは次回考察します。

 


 

皆さん、いかがでしょう?

出口は見つかりそうですか?

 

では、本日はこの辺で。

 

 

RooM研究会代表/ストーリーテラー

杉本 達哉(Twitter:@Sugimoto_2017)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。