【RooM研究会】思わぬ形でひらめく解と完璧主義脱却の関係性

出口が存在しない部屋『RooM


 

完全なる密室……

 

みなさん、おはようございます。

ストーリーテラーの杉本です。

 

先日、ブログをアメブロからWordPressへ変更しました。

日々、楽しみながら読んでいただけるよう、しっかりと書きますので今後ともよろしくお願いします。

 

なかには初めて読んでくださっている方もいらっしゃると思いますので、わたくし杉本について簡単に……

 

普段、映画のオリジナル脚本を書きながら自身が代表を務めるRooM研究会で日夜、思考実験を繰り返しています。

 

RooM研究会って?


出口が存在しない部屋RooMを想像上に作り上げ、その中で出口を見つける、ある意味「究極の矛盾」に挑戦する研究会。

RooM研究会のコンセプト


先入観を打破することで、あらゆる問題に存在する普遍的かつ抜本的な問題点を特定し、絶対に解決不可能だと思われている問題や課題を解決する方法を見つける。

 

……と、まあ、それっぽく書いてみましたが、要は「出口がない部屋で、真剣に出口を見つけようともがく中で、突如湧いてくるインスピレーションや、思考が寄り道する過程(妄想とか過去とか)を楽しもう」というもの。

百聞は一見に如かず。

では、早速、本日の思考実験をしましょう。

 

RooM研究会 思考実験ノート


場所:RooM(出口が存在しない部屋)

 

【昨日のまとめ】

「新一はなぜ殴打された当時の状況を知っているのか?」という疑問に対して「目撃者がいた」と仮定し考察している最中。

【今日の思考実験】

何か重要なことを見落としているのか……?

この「何か」とは何か?

一見、言葉遊びのようでもあるが……

 

前回の投稿で書いた、仮に目撃者が居たと仮定した場合に浮上するこの疑問。

「なぜ目撃者は世間に公表せず、新一(コナン)にのみ伝えたのか?」

この理由については正直、今の段階ではわからない。

 

だが、ここで思考の掘り下げを中断するわけにはいかない。

ではどうするか?

 

ここでは完璧主義に陥らないことが重要になってくる。

個人的には「完璧主義」という状態はある意味理想形の一つだと思うが、あまりこだわりすぎると先に進めなくなる可能性がある。まさに、今が良い例である。

学生時代のテスト(定期テスト/受験)などを思い出して欲しい。

わからない問題が出てきた場合どうしていただろう?

一旦飛ばして、先に進んだのではないだろうか?

他の問題を解いている最中に思わぬ形で解がひらめくこともある。

だから、ここでも同じことをする。

 

同じこととは?

 

「なぜ目撃者は世間に公表せず、新一(コナン)にのみ伝えたのか?」

という理由は不明だが、ひとまず一旦無視をして目撃者がいた前提で先を考えてみる。

 


 

皆さん、いかがでしょう?

出口は見つかりそうですか?

 

では、本日はこの辺で。

 

 

RooM研究会代表/ストーリーテラー

杉本 達哉(Twitter:@Sugimoto_2017)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。