【継続の醍醐味】予想もしない地元の友達がリスナーだった! by 杉本

「お前の性格を一言で言え!」と言われれば、間違いなく「優しい」と答える僕ですが、「じゃあ、二つ目は?」と問われると、おそらく「さみしがりや」だと答えます。

今でこそ東京ワンルームの孤独にも慣れ、こうしてせっせと文章を書いている僕ですが、元々はチームで動くのも好きですし、仲間の存在は大きな支えになってきました。

 【画像】専門学校時代、クラスメイトと映画を撮る監督杉本氏。

稀に、「実はブログ読んでるよ〜」とLINEをもらったり、Facebookにブログをシェアしているので、コメントをいただいたりすることもあります。
自分が発信する側に回って、つくづく感じるのは、それらのコメント一つ一つが「本当に嬉しいし、支えになる」ということです。

先日も、小学校時代、共に草野球に明け暮れた友達から、ピロートークナイトニッポン聴いてるで!」とLINEをもらいました。


【画像】小学校時代に草野球に明け暮れたグラウンド

しかも、毎日聴いてくれているらしいく、「いやいや、それもうファンですやん!」とすっかり調子に乗りかけている僕がいます(*^^*)w

控え目に言って、本当に嬉しいです。
ありがとう。
褒められて伸びるタイプなのでこれからも甘やかしてください。

例えヘタクソでも、ちゃんと『継続』してきて良かったなと思います。

『継続は力なり』という言葉を昔から散々聞いてきたのに、何かを継続している人は本当に少なくて、その理由の大部分は単に『しんどいから』だと個人的には思っています。
僕の場合、日記を書き始めてから物事を継続するクセがつきましたが、それまでは何一つちゃんと継続しているものはありませんでした。
今でこそ、『毎日必ずやること』は4つほどありますが、正直しんどいです。
だって、毎日ですから。
土日祝日、クリスマス、大晦日、元旦、一切関係なしです。
例え泥酔しても寝落ちる前に必ずやります。

このブログもその一つ。

勿論、文章を書くのは楽しいですけど、じゃあ、楽しければ絶対に継続出来るかと言えば全く違うし、それほど甘くないと思っています。

しんどいですけど、でも、ブログは辞めません。
タイトルにある通り、アカデミー賞を獲るその日までは毎日書きます。
毎日です。
ちなみに、これを言うのは結構、勇気が必要です。

でも、応援してくれている人がたくさんいるので。

アカデミー賞の授賞式に向かう朝、ロサンゼルス市のホテルで最後の文章を書いて、このブログは終わりです。
多分、まだまだ長い時間がかかると思います。

それまでどうぞ、よろしくお願いします(*^^*)

 

【お知らせ】
パソコンではなく、スマホを使って3日間で本の初稿を書き上げました。
自身初の書籍で、「これまでの人生(過去)」と、執筆中の3日間が交錯する物語。
発売日までに書き直しますが、お時間ある方は是非、初稿をご一読ください。

「物語に登場人物として出ても良いよ!」って方がいらっしゃれば、個別に杉本まで連絡ください。
ちなみに僕と面識がある方のみでお願いします(*^^*)

※締め切りは2019年1月14日(月)です。

書籍『(仮)ストーリーテラー』の初稿

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。