【精神論上等!】毎日文章を書く杉本の悩み

昨夜、24時過ぎに起きて、「ヤベ!ブログ書いてねぇ!おぉ!?」となり、大急ぎで更新して(一旦、日高屋でラーメンを挟んだけどね)、ナンジャカンジャ……

結局、ほぼ徹夜状態で朝を迎えた。

徹夜明けとは思えぬ穏やかさにじむ杉本氏

杉本が深夜に更新したブログはコチラ

んでもって、バイトに行き、帰宅して、今またブログを書いてる。
外は雨だ。

文章、文章、また文章の毎日である。

さて。

今日は「文章を継続的に書くこと」についてちょっぴり語ることにする。

ダラダラ書かずサクッと書く。
「時間あるし、読んでやってもいいよ!」って方は是非。

日頃から僕のブログを読んでくれている方なら知っているかもしれないが、それなりに杉本(僕)は「継続タイプ」で、最近は3日坊主になることはほとんどない。

基本的に毎日続けているものとしては、日記、ブログ、コラム、note(時々サボるけど)、である。

「どーだ!すげーだろ!ガーハッハ!」と威張りたいわけじゃない。

実は悩みがあるのだ。

ぶっちゃけ、「継続」に関しては問題なくクリア出来る。
特に日記とブログ。
この2つに関しては、「やーめた!」はない。

時々、「どうすれば継続出来るの?」と訊かれることがあるが、正直なところ気合い以外何ものでもない。
完全に精神論である。
つべこべ言わずやる!
それしかない。

なかなか脚本が完成しないダメな奴であることは間違いないのだが、それなりに頑張っている男なのである。

だが、しかしだ!

悩みがある。

noteについてだ。

こちらはブログと違って有料(100円)である。

誤解なきようにお伝えしておくと、ブログは無料だがなるべく全力で書く。
手は抜かない。
その瞬間、最大限の文章を書くように心掛けている。

とはいえ、必要以上に時間をかけたくないのもまた本当なので、基本的には「一筆書き」である。
つまり、推敲(修正)はしないということだ。

この文章も一度も修正していない。

冒頭、
「昨夜、24時過ぎに起きて……」と書いてからここまでノンストップだ。

だが、noteはちょっぴり事情が違う。

今現在は有料ということもあって、ブログと比べてちょっぴり真面目な内容を扱うことが多いし、文章の推敲も行う。
勿論、何よりも優先すべきは「脚本を書くこと」なので必要以上に手を加えることはないが、ブログを書くよりは間違いなく時間がかかるし体力が消耗する。

んでもって、毎日のことなので、「内容(質)」がダルっとしてしまう日がある。
駄目なんだけどね。
人様から「お金」をいただいているので。

ちなみに、今朝もnoteを更新したのだが、なんだか上手く書けていないような気がして、有料ではなく無料で提供することにした。
恐らく3分もあれば読めると思うので、「時間あるよ」って方は一度読んでみて欲しい。

note→「過去の文章」を読み直す

「(今日のブログは)ダラダラ書かずサクッと書く」と宣言したハズなのに、結構書いているような気がしてきた。

まとめる。

ブログやnoteを「継続すること」は何も問題ない。
なんなら余裕ですらある。

だが、「内容(質)」を保ち、なおかつ向上させていくのが難しい。
毎日のことだから。

はて……どうしたものか。

「そんな時は〇〇するよ!」「〇〇と考えるよ!」という意見、体験談などがあれば、良ければ一度聞かせて欲しいな。

みんながどう考えてるのかを知りたい(*^^*)

【note】
深夜の東京で脚本を書く杉本達哉が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録。

杉本達哉の書斎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。