【深夜の投稿】ブログの「毎日更新」が途切れた理由

現在、5月14日、午前2時30分ぴったり。

昨夜、ブログを更新出来なかった。
ここ連日、僕の記憶が正しければ毎日更新をしていたので、一旦その連続更新が途切れたことになる。
確か自分でブログを立ち上げた直後は、更新してなかった時もあったと記憶しているが、特にここ最近は“基本的には毎日”更新していた。

コトの発端は昨夜20時頃。

ブログを書こうとパソコンに向かったのだが、「……ヤバイ、書けない」となり、一旦仮眠して改めて書こうと思ったのだが、あろうことか寝すぎた。

目覚めると25時。

こんなクソみたいな理由で、連続更新が途切れた。
お疲れ様である。

んでもって、謎の罪悪感に苛まれながらも深夜にラーメンとポテチを食べ、さらに罪悪感が増幅。
帰宅後、現実逃避するためにYouTubeをダラダラ。

午前2時を過ぎ、「そろそろヤバイな」という感覚になり、こうしてブログを書き始めたというわけだ。

時々こんな日がある。

別に「毎日、目標に向かって出来ることを最大限にやろう!」なんて綺麗事を言うつもりもなくて、「まあ、まあ、みんな好きに生きればいいんじゃないの?」って感じなのだが、ここが自分の小さいところで、自分がダラダラするとキチンと「罪悪感」に絡め取られる。

人間なので、感情にちゃんと起伏があるし、前向きな時もあれば、女々しい時もある。
とことん現実から逃避して、最終的に疲れて寝ることもある。

弱音でも愚痴でもなく「くだらねー文章書いてるなぁ」なんて思う日は日常茶飯事だが、“書くことでしか上手くならない”と信じているし、書くことをやめちゃうと自分を支えるものが一つ消えてしまうので、こうして連続更新が途切れたことがまるでなかったかのように、ちょっぴり偉そうに御託を並べている。

明日(厳密には今日だけど)、もう一度ブログを更新することにする。
まあ、暇な人はまた読んで。

今後もなるべく自分をさらけ出すよ。
そこにしか、今の僕には社会的な価値はない。

ちなみに、昨日書いたnoteは無料で読める。
お時間ある人は良ければ。

杉本が書いた昨日のnoteはコチラ!

毎日毎日、僕のブログを読んでくれている人が居ることは知っている。

キチンとあなたの時間をいただいていることは認識をしているし、どうせなら「あの杉本がまだ無名のどうしようもない時期からブログをずっと読んでたんだよ!」と周囲の方々にドヤっていただけるよう、ブログ以外のナンジャカンジャもちゃんと頑張ることにする。

この後は、映画でも観て、脚本を書くよ。

また明日。

【note】
深夜の東京で脚本を書く杉本達哉が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録。

杉本達哉の書斎

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。