【映画】アカデミー賞作品賞受賞。「ムーンライト」の奥行き。

 

映画「ムーンライト」

繰り返し、なんども観た映画だ。

 

当時、「ラ・ラ・ランド」をやぶり、アカデミー賞作品賞を受賞したことで話題になった。

 

「ラ・ラ・ランド」の大ファンだったこともあり、「ムーンライト」が作品賞を獲った時、正直「えーっ」となったが、観て納得した。

 

しかも、この映画には奥行きがある。

 

特に派手な演出もなく、ダンスシーンなどもない。

人間の内面を淡々と描き、それでいて心を打つ。

 

おそらく、この映画は繰り返し観れば観るほど味わい深くなっていく。

そんな貴重な一本である。

 

予告編の「1:00〜1:03」の間。

俳優アシュトン・サンダースが泣く、たった3秒間のシーンが最高だ。

是非、注目して観て欲しい。

 

 

正直、この映画を観るまで知らなかった俳優だった。

 

だが、今の日本に、あの3秒間に匹敵するリアルな演技をする俳優がいるだろうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。