【悲報】完全なる計画倒れ

毎日このブログとは別にnoteでも文章を書いている。

今朝は「珍しく書く内容が思い付かない」というタイトルで書いた。

わざわざ説明する必要もないだろうが、毎日毎日文章を書いていると、時々、「あー、書くことが……」という日がある。
とはいえ、前々からブログでも散々言っているけど「書かないという選択肢」は持ち合わせていないので、とりあえず何か書いてみる。

正直に告白すると、このブログもそうだ。
今日はちょっぴり調子が悪いのか、単に疲れているのか、いつものようにスラスラと文章が出てこない。

ただじっとパソコンの前に座っていても仕方ないので、冒頭に、
「毎日このブログとは別にnoteでも文章を書いている。」という一文を書いた。

んでもって、ブログに関しては「一筆書き(修正ナシ)」で書くと決めてしまったので、今この瞬間まで一気に書いている。
書きながら、この後何を書いて、どのように着地させるかを考えているという訳だ。

【大誤算】計画倒れした杉本

久々にサブタイトルを入れてみた。
これでちょっぴりブログっぽくなった気がする。

日頃僕のブログを読んでくれている読者に対しては、なるべく嘘をつきたくないし、見栄を張ったところで僕にとっても1ミリの得もないので正直に言えば、ひとつ計画倒れしたことがある。

以前、こんな記事を書いた。
脱アルバイト2.0 by 杉本達哉

サクッと読めると思うので「まだ読んでない!」って方は是非目を通して欲しい。
もう一度、リンクを張っておく。
脱アルバイト2.0 by 杉本達哉

計画倒れする直前の呑気な杉本氏

スゲー、簡単に言っちゃうと、「文章を書いて収益化する方法を思い付いついたから、これでアルバイトを卒業出来るかも!」って記事だったのだが、結論から言えば、計画倒れした。
もう少し正確に言えば、その方法は辞めた。
ちょっぴり専門的な話になるので、詳細については割愛するが、要するに完全に僕の見切り発車で、よくよく考えるとそれほど良いアイデアでもなかったということ。

思い付いた瞬間は興奮冷めやらぬ状態で、ラブレター(ブログ)を書き殴っていたが、朝目覚めると強烈な勘違いを並べていたということに気づいた。(まあ、実際はちょっぴり試した)

3週間ほど前から完全にニート生活を送っていたが、このままだといずれジリ貧になるので、またしばらくアルバイトのお世話になりそうだ。
ただ、それ以外の「収益化」の道は模索するつもりだし、この4月1日からnoteマガジン『杉本達哉の書斎』の文章を「有料」にすることにした。

とはいえ、今現在、無名の男の文章がいきなり売れる可能性は低い。
だが、それはそれで奮闘するサマが「ひとつの物語」になるし、そんな日々のアレコレをブログに書くので、またブログを読んで欲しい。
当然だが、ブログは永遠に無料だ。
いつでもウェルカム(*^^*)

まだ最終決定はしていないが、おそらくnoteに関しては1記事100円に設定して、途中まで無料で読めるようにする。
「面白そうだなぁ」と思う文章があれば、杉本に「缶コーヒーを奢ってやった」と思って是非読んで欲しい。

「絶対に嫌だ!」

って人はブログを読んで(*^^*)
正直、それだけでもメッチャ嬉しいんで。

じゃ、また明日ね!

【noteマガジン】
深夜の東京で脚本を書く31歳のフリーター(杉本達哉)が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録。
興味がある方はコチラ↓

杉本達哉の書斎

お仕事の依頼「t.sugimoto.0907@gmail.com」へお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。