【復活宣言】アカデミー賞への道、本日より再開します!

ブログを始めた時、主に3つの記事を軸にサイトを育てていくつもりでした。

その3つがこちら。

 

  • 出口が存在しない部屋で出口を探す「RooM研究会」
  • 毎日30分間だけ時間を区切って小説を書く「30分小説」
  • アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞する(予定ね)までの日々を描いた「アカデミー賞への道」

 

カテゴリー欄をみてもらえればわかる通り、今でも残っています。

でも、全て頓挫しちゃってた……

理由は簡単で、最初から枠組み(書く分野)を意識しすぎたせいで、どんどん窮屈になり、その結果、書けなくなっていきました。当然モチベーションも下がるし……あとは言わなくてもだいたいわかってもらえると思います。

なので早い段階で「雑記ブログ」へと舵を切りました。

要するに何でもアリのブログ。制約がないから気軽に書けますし、開放感も合わさってどんどん楽しくなっていきました。日々、継続して読んでくださっている方には本当に感謝しています。いつもありがとうございます。

アメブロを書いていた時期も含めるとすでに100日ぐらい経つと思います。

記事数も100を超え徐々にサイトも成長してきましたし、ちなみに、昨日広告の審査にも通ったので、このまま読者が増えて、うまくサイトが機能していけばそう遠くない将来に収益化も可能になると思います。書き始めた頃に比べると少し希望が見えきました。やっぱり「継続は力なり」ってホントなのかもですね。。。

もっとも恐れていたのは、「結局やめてしまう」という状況でした。

その部分に関しては最初の難関は越えたと思っていて、ぶっちゃけ書く直前は若干「あ〜辛いなぁ」って感じる時もありますけど、基本的には楽しんで書けているし、自分の文章の下手さにさえ目をつぶれば書くこと自体は特別苦になりません。

 

……とまあ、ここで、ふと、立ち止まって考えてみたことがひとつ。

「自分は、結局、何をやりたかったんだっけ?」

脚本を書いて、人々の心を打ち、結果的にアカデミー賞を受賞する。その部分は一切ブレてないけれど、要するにブログを書いてどうしたかったのかということ。

正直に告白すれば、「収益化」というのが大きな理由だったし、「文章書いてお金稼げたらバイトやめれるな〜」なんてフワっと考えていました。もちろん時間は有限なので、僕の中では当然と言えば当然だけど、あくまで本質は別の所にあることを思い出しました。

 

アカデミー賞を獲るまでの軌跡をリアルタイムに配信する!


そう。

要するに、最初に書いていた「アカデミー賞への道」

このカテゴリーを書くことが実は肝(最もやりたいこと)でした。

 

薄々気づいていたものの、目をつぶり、書くことを中断していました。

理由は簡単で「日記」だとアクセスが集まりにくく(だって今の僕は無名だからね。芸能人とかタレントなら別だけど)それによって、結果的に収益化できるコンテンツとして育たないという未来予想図が描けてしまったからです。

もちろん長い目で見れば自分を知ってもらえるかもしれないし、宣伝として効果を発揮するかもしれないけれど、その時は目先のメリットの有無に意識が向いてしまった。なんとも情けないったら、ありゃしない。

けれど、ある程度、継続も問題なく出来てきた今、新たな決意をすることにしました。

 

アカデミー賞への道を復活させる!

 

この発言をする怖さは理解しているつもりです。

宣言する以上、継続したいと思っていますし、必ずさせます。となると、すでにこの記事でお気づきかもしれませんが、なかなかの長文を日々放り込むことになります。もちろん日によっては短くなることもあるとは思いますが基本的に長めがベースになると思います。

と言うのも、僕自身がブログを書き始めたきっかけというのが、キングコング西野亮廣さんのブログを読んだことでした。

内容が面白いことは言うまでもないし、そのクオリティ、中でも文章量に圧倒されました。

興味ある方は一度読んでみてもいいかもしれません。リンクは下に貼っておきます。

 

西野亮廣ブログ

 

エンタメ界の第一線で活躍している人が血の滲むような努力をしているのに、日中はバイトして、夜は東京のワンルームで、のほほーんと脚本とブログを書いている場合じゃない。そう強く感じました。

にも関わらず、いつの間にか「アカデミー賞への道」を書くことから遠ざかってる自分がいました。そんな甘っちょろい性格だから31歳になった今でさえ何者にもなれていないのだと強く自分を責めましたし、結局のところ「やる」しかないと改めて気づきました。

ごめんなさいね、バカで。

再び書き出します。

専門的な記事、役立つ記事とは違って、基本的に「日記」のようなテイストになると思います。ただ、正直、書いてみないことにはなんとも言えません。しかしながら、ひとつの「読み物」としてきちんと成立させるつもりです。

朝の電車や、休憩時間、暇な時間などにスマホでチャチャっと読んでもらえると嬉しいです。

正直、ほとんどの方が僕のことを知らないと思います。

でも、必ずやアカデミー賞最優秀脚本賞を獲りますので、よければ応援してください。お願いします。

皆さんの心を「打ち」「揺さぶる」物語を書き上げます。

いつの日か、「あのアカデミー賞を獲った杉本のブログ、最初は下手くそやったなぁ……でもずっと読んできてよかった」と言っていただけるよう、頑張ろうと思います。

 

皆さんはもう寝てる時間でしょうか?

只今、11月22日木曜日のAM03:21です。

寒くなってきましたので、くれぐれも風邪には気をつけて明日も頑張りましょう!

僕もそろそろ休みます。

 

誰にこの声が届いているか、正直わかりません。

ただ、いつか、もしどこかでお会いする機会があれば語り合いましょう。

お互いの人生を。

楽しみにしています。

 

アカデミー賞への道、復活の深夜に

杉本達哉(ストーリーテラー)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。