【影響の連鎖】キンコン西野→ボク→ジャッキー

良くも悪くも昔から影響を受けやすいタイプで、最近ブログを書いているのは、キングコング西野亮廣さんのブログを読んでインスパイアされたから。

杉本がブログを書くキッカケになったブログ
『リビング死んだ』

やはり、目指す夢がデカイので(アカデミー賞最優秀脚本賞)、「気が向いたら書くかぁ~」では当然ダメで、何があろうとも毎日書き続ける気概が必要ですし、この『毎日書く』という行為は、自分の中にいる『勘違い野郎』をボコボコにしてくれます。

普段、本を書いたり脚本を書いたりしていると、どこかで自分を『村上春樹さん』だと勘違いしている瞬間があります。

「んなアホな!」って思うでしょ?

身の程知らずの大バカヤロウであることは重々理解しています。
でもね、どこかで自分を『天才』だと思わないとやっていられない時もあるわけです。
何ヶ月、もしくは年単位の時間を費やして作った作品が、陽の目を見ずに消えていく可能性はザラだし、その時に自分を支えることが出来るのは「俺ならきっと出来る!」という気持ちしかありません。

でも、それは時に『驕り』と『怠惰』を生み出すことにもなります。
自分は何者でもないくせに、芸術を語り、理想は高く、そのくせ努力は怠る。

僕はずっと努力を怠っていたし、だからそんな『勘違い野郎』をブッ飛ばす為に、『毎日書く』という制約を設けました。

ちなみに、先日のブログでも書かせていただいたミュージシャンの友達(ジャッキー)が、ブログを再開したみたい。

僕の一言がキッカケになったそう。

僕は『優しい男』だと自負していますが、つまらないものを面白いと言ったり、嘘をつくことはしませんし、それがクリエイティブに関する内容なら尚更です。
なぜならその嘘は結果的に自分に返ってくるから。

今、僕の周りに昔のように熱く夢を追っている人はほとんど居ません。
彼ら彼女らが夢を諦めたのか、はたまた僕が現実を受け入れられずあがいているだけなのか……本当のところはわかりません。

寂しいですよ、それなりに。

だからこそ、熱く夢を追い続ける彼へのエールを込めて、今日のブログで触れさせていただきました。
僕も偉そうに言うからにはしっかりやるよ!

お互い頑張っていこう(*^^*)

ジャッキのブログはコチラ↓
継続は力なり。コンスタントであることの重要さ。

 

【お知らせ】
3日間の短期集中で本の初稿を書き上げました。
自身初の書籍で、「これまでの人生」と「執筆中の3日間」が交錯する物語。
発売までに推敲しますが、お時間ある方は是非、初稿をご一読ください。

書籍『(仮)ストーリーテラー』の初稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。