【実験】杉本のリアルなポテンシャル。トータル1時間で書いた記事。

いつも早朝にブログを書くことが多いです。

深夜はいろいろと別の作業(脚本とか英語とか)をしているので結果的に書き始めるのが朝方になります。あまり「優先順位」って言葉は使いたくないけれど、確かに優先順位を意識をしていますし、それに沿ってある程度は行動しています。

じゃあ、ブログは適当に書いてるの?


んなわけ、ねーじゃねーですか。

それなりにしっかりと書いてます。毎日、結構ねみーです。

現状、金銭面で言えば、Googleの広告が多少の収益も生み出してくれています。リアルな金額はやっと熱い缶コーヒーが1本買えるぐらい。これで1日だけは凍えなくてすむ夜ができます。

ブロガーとしてガポガポ稼いでいるならまだしも、僕はぶっちゃけそうではないし、ここ最近においては「アカデミー賞への道」なんていう、なんのひねりもないタイトルで日記みたいなことを書いています。人の役に立つ記事を書けばさらに収益化も見込めるとは思いますが、実はここで優先順位を意識していて、まずは「杉本達哉」を知ってもらうというのが目的。なのであえて日記のようなブログを書いています。芸能人やタレントがアメブロでオフィシャルブログをやる感覚に近いかもしれません。

当然、圧倒的な知名度の違いはあるので、僕の方はほぼ収益化は見込めませんが……。

それに何より昨日の記事でも書いたように、とある人物のブログの文才に嫉妬しているものですから、むしろそこにフォーカスを当てています。

【関連記事】:【本音】ぶっちゃけますが、杉本はこの二人に真剣に嫉妬してます。

最も重要なのは、この「アカデミー賞への道」を通して、31歳の無名男がリアルにアカデミー賞最優秀脚本賞へとチャレンジする姿勢を伝えることであり、実際にそこに到達するまでを描くことだと思っています。その過程で、僕と、僕のブログを読んでくださっている人々の日常がエンターテイメント化されればもはや言うことはありません。(あるけどね)

結論として、全然、テキトーじゃねーですよ!って話です。

書き始めから公開までは1時間ぐらいがベスト


サクッとリアルな話をします。

平日は毎日8時間アルバイトをしていて、移動時間なんかを合わせるとトータル10時間ぐらいはかかっています。

脚本を書いたり、英語を勉強したり、その他ナンジャカンジャするのはもちろんそれ以外の時間です。このブログを書くのだってそう。

実際に、1つ1つの作業に費やしたい時間を計算した結果、詳細は割愛しますが、毎日「7時間45分」が必要だという結論が出ました。あくまでトラブルなしベースなので、もう少し伸びるのかなというのが正直なところ。おそらく8〜9時間ほどかなと。

ちなみに、さっきの10時間と合わせると18時間〜19時間ほどは毎日稼働することになります。それ以外の時間でご飯を食べたり、睡眠をとったり、女の子とHをさせていただくことになります。

となると、時間をどう使うかが重要になってきます。

ぶっちゃけブログに関しては、書き始めから、修正して、公開するまで2時間前後はかかっていますので、少しばかり時間を短縮したいというのが正直な考え。

書き始めから公開までは1時間ぐらいがベストかなと。

ただし、クオリティが下がっては本末転倒なので、そのあたりは細心の注意を払っていきます。ちなみに今日のこの記事は1時間で仕上げます。あくまで実験です。

「ほぉ〜、杉本の1時間のポテンシャルってこんな感じかぁ」

と思ってもらえれば嬉しいです。

とは言え、ナンジャカンジャ詰め込んで体調を崩してしまうと大きくスケジュールがずれてしまうので、可能な限り休める時には休んで、ご飯も食べようと思います。

【画像】人生最大に痩せていた5年程前の金髪杉本氏。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

本日もお互い頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。