【堀江貴文×西野亮廣】書籍「バカとつき合うな」を手に取った結果・・・

発売前からずっと楽しみにしてた書籍。

 

「バカとつき合うな」

 

 

著者は堀江貴文さんと西野亮廣さん。

いやー、これ絶対面白いでしょ。

 

個人的には西野さんのオンラインサロンにも入っているので非常に楽しみでした。

 

なので、昨日、早速書店に走ったんですが・・・

 

もくじに「バカ」って文字多すぎない?


 

そうなんです。

 

結局、多分買うんですけど(興味あるからね)、昨日はホンマに買う気が失せました。

内容は何も読んでないんであれなんですけど・・・

 

てか、なんなんやろ、この感情。

 

いや、わかるんですけどね。

ただ、あまりに「バカ」って言葉多すぎると、ぶっちゃけ疲れる。

 

Twitter上のタイムラインも「称賛の声」で溢れてます。

なんか、それも凄い違和感。

 

「いやいや、その意見、ホンマか?」と。

 

まあ、意識的にリツイートされてるので当然と言えば当然なんでしょうけど。

 

まあ、嘘ついても仕方ないんで、本音で書きました。

 

ただ、内容は面白いだろうと思ってます。

興味ある方は是非。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。