【名言】大人になった今も心に残っているアインシュタインの言葉

 

今まで多くの書籍に接し、いろいろな言葉を吸収してきた中で、ずっと忘れられない言葉がある。

一般相対性理論などを提唱した理論物理学者、アインシュタインの言葉である。

 

目の見えない虫は、球の表面を這っているとき、自分が通ってきた道筋が曲がっていることに気づかない。わたしがそれを発見できたのは幸運だった。

 

ストーリーテラーとして様々な事象を言語化する。

その意義、必要性については認識をしているつもりだけれど、なぜこの言葉がそれほどまで自分の心の中に残っているのか……

 

明確に説明できる言葉が見つからない。

 

特に意識して覚えていたわけではない。

ただ「人生で心に残っている言葉は?」と聞かれれば間違いなくこの言葉が思い浮かぶ。

 

「目の見えない虫とは、人間の盲目さを表していて……球ってのは地球として……

 

といった具合に解釈を重ねているが、いまだ彼が言おうとした真理には到達できていないだろう。

これからも自分なりの解釈を深めていくつもりだ。

 

変化のスピードが激しい現代。

時には立ち止まって、自分の心にある「何らかの対象」を徹底的に考察し、掘り下げても良いかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。