【ウーマンラッシュアワー村本大輔】海外(LA)でのスタンダップコメディ挑戦

何かに挑戦する姿は人の心を打つ。

 

これは人間の普遍性だと思う。

昨今、海外で活動する芸人が増えてきた。

 

英語がヘタでも、どんどん話す。

その姿からは色気すら漂う。

 

あくまで英語がヘタというのは「今は」ということに過ぎない。

 

しかし、下ネタというのは万国共通認識なのか…….

便利なものだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。