『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』インタビュー&メイキングで印象に残った一言

朝方、何気なくYoutubeで観た『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』インタビュー&メイキング。

その中で、田中圭さんが語った一言が印象的だったので紹介する。

 

人間の本質を突いた一言


岩井良介 役(田中圭)

「まあ、捉えどころがないっちゃないんですよね、岩井って。ずるいし、賢いんだけど、その優しさ自体には多分嘘はないし、ただ優しいっていうわけじゃない・・・」

 

前提として、人間はそんなに白黒はっきりできる存在ではないと思ってる。

このセリフはまさにそれを表してる。

 

人間には様々な感情が入り乱れているし、そもそも構造が複雑なんだ。

なのに、それらを無理やり白と黒に分けることで「誰かが生きやすい世界」を作ろうとしてる。

その「誰か」はきっとあなたじゃない。

 

何かに安心していたいのかもしれないし、他の誰かから批判されたくないのかもしれない。

選択肢が増えるということは迷いも増えるということ。

 

自分が正論だと思ってることは、たとえそれが正論であったとしても見知らぬ誰かの世界を暗くしているかもしれないってことを想像すべきだ。

無駄を省くことに意識が向く現代は、単純に想像力が欠如している。

みんな、もう少し「違い」に対して寛容になるべきだ。

そうすれば少なくとも今より世界は明るくなる。

 

ちょっと観念的になってしまった・・・

下に動画あるので、お時間ある方はぜひ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。