「魅力的なタイトルとは?」 by 杉本達哉

『運動不足の解消』『歩いている時に良いアイデアが閃く』という理由から夜の街を歩くことがあります。

今日、歩いている理由は後者。

タイトル、ゼロに戻る


先日のブログでもお伝えしたのですが、友人との会話をキッカケに今月発売予定の本のタイトルを変更することになりました。

ぶっちゃけ言っちゃうと、予定していた『ストーリーテラー』という言葉はキレイサッパリなくなりそうです。
「少しでもベストなタイトルを!」という心意気は、本を作る上で必要不可欠だとは思いますが、なかなか時間がなくなってきました。

そんな状況を見兼ねてか、昨夜友人から電話が。

ど深夜に、『魅力的なタイトルとは?』というテーマで議論することに。

翌日、仕事にも関わらず、夜な夜な語り合うこの熱い感じ…… いいっすね。

あくまで感覚的な問題なので、お伝えするのが非常に難しいのですが、予想ではベストなタイトルを見つけた瞬間、「これ以外には無い!」とストンと落ちると思っていて、現状のタイトル案はお世辞にもそうではないので、引き続きベストな言葉を探そうと思います。

原稿の修正、タイトル、表紙デザイン。

時間がない状況で、すべて未完成ですが、このハラハラするような緊張感を楽しみつつ残りの日数を突っ走ります。

今夜もまだまだ長くなりそうです。

みなさん、あたたかくしてお休みください(*^^*)

 

【お知らせ】
3日間の 短期集中で本の初稿を書き上げました。
自身初の書籍で、「これまでの人生」と、執筆中の3日間が交錯する物語。
発売までに書き直しますが、お時間ある方は是非、初稿をご一読ください。

書籍『(仮)ストーリーテラー』の初稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。