「毎日更新が途切れた? 大げさな」と笑う方々へ

2019.7.12

今朝投稿したブログでも伝えた通り、昨日完全に寝落ちて、ブログの投稿をすっ飛ばした。

毎日更新。

僕の唯一の良さでもある『毎日更新』が途絶えたのだ。

「アカデミー脚本賞を獲ったら辞める!」

そう豪語していたのにも関わらず、そのだいぶ手前で一旦更新が途切れた。

さて、どうするか……?

この答えを見つけない限り自分に対しての気持ちに折り合いがつかないし、また同じことを繰り返してしまう可能性がある。
ちゃんと整理して考えなきゃいけないし、自分を納得させることの出来る解釈をしなくちゃならない。

「何を大げさな」

と笑う人が居るかもしれないが、“毎日書き続ける”ということはそれなりに大変な事なのだ。

「継続って要はクセみたいなもんでしょ?」

時々、かるーく、うすーく、そんな感じで言われることもあるが、「バカ言うんでねー!」ってな感じだ。

そんな甘くねーっつの。

例え今日ブログを書く調子が良くても明日はどうかわからない。
クソみたいな文章に嫌気がさして自分の才能に絶望しても、それでも書けるかどうかなのだ。

自分一人で、ずっと暇ならまだ良い。
それでも「毎日ずっと欠かさずに書けるか?」と問えば、妥協するケースがほとんどだと思うが、それでもまだ可能性はある。

じゃあ、可愛い女の子。
あるいはイケメンセクシー男子とのデートが待ってればどうだ?

ボディラインが強調された服で、会話や仕草に色気があり、加えて、おどけた雰囲気の合間にちょっぴり真面目な表情なんて垣間見ちゃった時なんつーのは、ブログなんてどーでも良くならねえですか?

どうすれば終電を逃せるか?

思考はその一点以外、考えられなくなりはしないか?

もはやブログの『ブ』の字なんてのは、頭の中から綺麗に消え去るはずだ。

これが世間である。
これが人間である。

にも関わらず。

にも関わらずだ!

そんな誘惑多き世界の中、僕は書き続けたきた。

もう一度言う。

書き続けてきたんだぁ!!!

毎日更新する。

その事実しか自分を支えるものがなかったからだ。

だが、

昨日、毎日更新が途絶えた。

終わった。

冷静にならなきゃ。
今後、どのように生きていくべきか?

自分と向き合って答えを探そう。

そうだ。
旅だ。

旅に出よう!
旅に出て、答えを探そう!

そう決意し、家から出ようとしたところ、玄関先で答えを見つけた。

随分、短い旅だった。

「てか、1日2回更新したら、更新回数的にはチャラじゃね?それでよくね?」

我ながらナイスアイデアである。

と言う訳で、これが本日2度目のブログだ。

読者であるあなたに「毎日文章を書け!」とは強要しない。
でも、読むことは継続して欲しい。

毎日、スマホを開いて、「杉本達哉 ブログ」と検索するだけだ。

頼む!!

(*^^*)

んでもって、僕が本当にアカデミー賞を獲った暁には「いやー、毎日ブログを欠かさず書いてきたんで。努力の賜物ですよ。僕には才能なんてありませんから。努力だけです」と、ちょっぴり格好をつけて美人アナウンサーに語るつもりだ。

くれぐれも「昔さぁ〜欠かしてたよね?」と暴露しないでいただきたい。

絶対にだ。

ダチョウ倶楽部の『押すなは押せシステム』ではない。

「暴露するな」は、「暴露するな」である。

ぜひ、言葉通りに受け取っていただきたい。

……と、ふざけつつブログを書いている。

金曜日の夜は読まれにくい傾向があるので、軽い話題を書いたつもりだ。

先程、『杉本達哉の書斎』でも同じような内容の文章を書いた。

似てはいるが切口は変えたつもり。
お時間ある方は是非。

今回、毎日更新が途切れた事はあまり周囲には知られたくない。
だからくれぐれもブログを“シェア”しないで欲しい。
くれぐれもだ。

……わかるよね?

これダチョウ倶楽部システムだからね。

ではでは。

素敵な週末を!