「嘘つき」or「完璧な脚本を求めるストイックな男」

わざわざブログで書くことかどうかはわからないけど、今後書くブログは『一筆書き』にすることにした。

一筆書きとは、簡単に言えば修正しないということ。
誤字脱字は勿論、万が一「失言」した場合も修正はしない。
ある意味、「ブログを書くこと」に対して緊張感が生まれるが、それで良い。
てか、むしろ、そうじゃなきゃいけないと思った。

『一筆書き』をしようとした理由は3つある。
興味ないかもしれないけど、とりあえず読んで欲しい。

理由:①

以前のブログでも何度か書いたけど、僕がブログを書き始めた理由は、キングコング西野亮廣さんのブログに影響を受けたから。
毎日更新しているところと、その文章量の多さ、加えて内容の面白さ。
これらを目の当たりにして、完全にゲロが出た。
「こりゃ、すげーな」と。
ちなみに、別に彼の宣伝をしているわけではない。
そんなことをしても、今の僕には1ミリもメリットがない。
ただ、リアルをお伝えしている。
んでもって、そんな彼が書くブログが「一筆書き」らしい。

理由:②

内容がマンネリするから。
実のところ、結構「データ」が好きで、毎日24時になると1日あたりの「PV数」や「閲覧者数」などを見ては、ポチポチエクセルに入力してる。
ただ、なんとなく記事を書くのが嫌だし、読んでくれる人が居る以上、少しでも「面白いなぁ」と思って欲しい。
当然、自分の時間を使って僕も書くわけだから、より多くの読者へとリーチして欲しいのだが、「コレ、面白いと思うんだけどなぁ」と思う記事が、必ず閲覧数が増えるかと言えば、そうとは限らない。
要は、「僕の感覚」と、「読者側の感覚」にズレが生じているということで、勿論理由は1つではないにせよ、「マンネリ化」は絶対にあると判断。
毎日、書いた後に修正を入れるので、あえてその作業工程を取っ払うことで、毛色の違った文章をお届けしたい。

理由:③

ブログの修正にかける時間を「脚本執筆」に使いたいから。
あくまで、ブログは「杉本達哉を知ってもらうためのチラシ」だという位置付けで考えていて、あまり時間をかけすぎると、他の作業を圧迫する。
例えば、脚本を書く時間など。
勿論、だからと言ってブログを手を抜くことはないけど、削れる部分は削る。
なぜなら時間は有限だから。
限りある時間をなるべく有効に使いたい。(とはいえ、一見無駄な時間も大好きッス!)

……と、まあ、こんな感じだ。

ちなみに、③に関しては、最後ちょっぴり偉そうに「時間は有限」などと発言していて、あたかも「時間にルーズな奴は嫌い」と言った雰囲気を滲ませているが、はっきり言えば、僕も時間について守れていない約束がある。

以前からブログを読んでくれている人は居ないと判断して正直に書く。
だから、すでに知っている人も、今日初めて聞いたかのようなリアクションで読み進めて欲しい。
もう少しで終わるから。

実は、一昨年、12月から書き始めた脚本の締切が今年の「2月13日」だった。
ちゃんと、その日の前日に書き終えたので、当然非難される筋合いはない。

だが、諸々、気になる箇所が続出して、

完成した脚本に手を加え始めた。

これを「嘘つき」と見るか「完璧な脚本を求めるストイックな男」と見るかは、個人の判断に委ねるが、まあ、現実はこんな感じ。

んでもって、
どこまで修正しても終わりが見えないので、Twitterを開き、ウダウダしてると、偶然ファンである映画監督の紀里谷和明さんが呟いてた。

ひょんなきっかけから、東京に来て3回ほどお会いする機会があり、その都度質問してはぶったぎられていたんだけど(愛のあるぶったぎりでした)、今回も思い切って質問をしてみることに。

相手はハリウッドで活躍する映画監督。

ちょっとでも、『自分を大きく見せて評価を上げよう』なんてヌルい考えは絶対に見透かされると思ったし、現に最初お会いした時は、一瞬で見透かされた。

おそるべし。

なもんで、今回は正直に訊きたいことを飾らずに訊いた。

勿論、回答が返ってくる保証なんてないし、ただドキドキしながら数分待った。

すると、
返信が来た!

やっぱり、「締め切り」らしいです。

頑張ります。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。